最近食べたカップラーメンについて物申す

最近カップラーメンばかり食べている気がするがその中でも美味しく感じたカップラーメンがいくつかあったのでそれについてレビューをする。

マルちゃん緑のたぬき

まずは緑のたぬきを挙げる。

これは昨日食べた。ももとは大晦日に食べるために用意していたものであったが食べるタイミングを逃してしまい、昨日たまたま小腹が空いたときときに調味料棚を漁っていたら出てきたのがこれである。

この頃はカップ”ラーメン”ばかり食べていたのでたまにはカップ蕎麦もいいかなと思い、湯を入れる決心をした。食べた感想だが、筆者が住んでいるのは西日本。

このカップ蕎麦を購入したのも西日本の小売店なので味は関西風味となっている。

あっさりした出汁にサクサクした天ぷら、辛みのきいた七味。この3点セットが蕎麦の味を引き立てていて非常に旨い。

また、蕎麦もしっかりと蕎麦らしい味を出していて噛みごたえもいい。それでいえ旨いのであっさりと食してしまった。

年越し蕎麦として食べてもよかったがどんな時期でも美味しく食べることのできる汎用性に長けたカップラーメンである。

日清カップヌードル(シーフード)

これは一昨日食べたラーメンである。そのときは無性にカップヌードルが食べたくなり、近所のコンビニへ買いに行った。

ノーマル味やカレー味などもあったが筆者はシーフード味が一番好きなので一秒も迷わずこれを手に取りレジへ行った。

このシリーズはちぢれ麺である点がポイントであるが一番のポイントはいずれの味もスープがめちゃくちゃ美味しい点にある。

麺との相性もさることながらこのスープはほどよく塩分がきいていてあっさりしているので案外飲めてしまう。

カップラーメンでよく見るデカ盛シリーズと比べると容器が小さいのでスープの量も当然少ないがこのおかげでスープを飽きることなく飲み干してしまえるのは大きなポイントである。

もちろん麺もうまいし調味料やかやくも麺やスープとマッチしていておいしく召し上がれる。

やはり王道の王道といったところか。カップラーメン界の頂点に位置するような味であった。

ホットヨガで肌トラブル無用のツルツル肌に!

普段全く運動をしてこなかったためか、20代後半になると代謝が段々と落ちてきているのを実感するようになりました。

汗を全くかかない生活を続けていると、毛穴に皮脂汚れが溜まってしまい、ニキビが顔中にできるようになってしまいました。

大人になってからできるニキビは、ニキビ跡がなかなか消えずシミになってしまうこともあるので悩んでしまいます。

その他にも代謝が悪いせいで、ちょっと食べ過ぎたり飲み過ぎると体重が増えてしまったり、むくみもひどくてどうにかしたいと思うようになりました。

ホットヨガでデトックス

太った体、ニキビ、むくみを同時に解消できるような運動が無いものかとインターネットで探してみました。

するとホットヨガが、ダイエットや美容に効果的だと知り始めてみようと思いました。自宅周辺でホットヨガスタジオを探すと、体験コースを実施しているところがあったので行ってみました。

服装はスパッツとTシャツという簡単な物を用意したのでこれでいいのかなと不安でしたが、スタッフさんが「動きやすい服装でしたら何でも大丈夫」と言ってくれました。

スタジオに入ると湿度がかなり高くて蒸し暑い感じがありました。最初は簡単な動きから始めるので、無理なくヨガをできました。短時間でも汗が大量に出てきてスッキリしました。

週3のペースでリフレッシュ

体験コースをやってみて気に入ったので、週3回のペースでホットヨガをやるようにしました。

1回60分とたっぷりできて、汗もたっぷりかけるのでリフレッシュできて気持ちが良かったです。今までは全く運動をしてきませんでしたが、汗をかくことはとても爽快でストレス発散にも良かったです。

ホットヨガで得た効果

ホットヨガを2ヶ月も続けるといろいろな変化が感じられました。

まず、一番悩んでいたニキビができなくなったことが嬉しかったです。

代謝が良くなって、汗をいっぱいかくので毛穴の詰まりも取れてくれました。ニキビ跡も綺麗に消えてくれたのも嬉しかったです。

ホットヨガはとにかく汗をかくので、むくみが改善される他、体重も6キロも減ってびっくりしました。

ホットヨガ自体はきついと感じることもなかったので、楽しく痩せられたことが、やって本当に良かったと思いました。

テレビでヘアドネーションについての特集を見た

先日何気なくテレビをつけたら、タレントの柴咲コウさんが写っていて、ちょうど長い髪をバッサリ切られたところでした。

わーもったいない!と思いつつすっかり画面にくぎ付けで見ていたら、ヘアドネーションという、病気で髪が抜けてしまった子供に天然100パーセントの毛で作ったかつらをプレゼントするというボランティア活動の特集でした。

ヘアドネーションて何?

30センチ以上の髪の毛なら年齢性別を問わず誰でも寄付できる。

パーマやカラーを施した髪の毛でも大丈夫だそうで、ショートヘアの人が一から伸ばして寄付しようと考えると先の長い話ですが、ある程度の長さまで伸ばしていて次はショートヘアにと思っている人にはぴったりですね。

かつらの話

実は私自身、中学1年生の時に骨の病気にかかり、投薬治療で髪の毛が抜け落ちてしまった経験があります。

投薬は約2年間続いたので、結局中学3年間はほぼかつらで過ごしました。

私がつかったかつらは人工毛で、変にツヤがあって、当時私はそのかつらだけが頼りだったし、病気でそれどころじゃなかったのでバレているかどうかを気にしつつもどうすることもできませんでしたが、大人になってから同級生のお友達に「実は知っていたよ」と言われ、それを中学生の当時に言われていたら不登校確実だったなぁとありがたく思ったものです。

ガスコンロでスパゲティをゆでていた時に、変な臭いがするなぁと思ったら前髪が熱で燃えてちりちりになって泣いたこともあります。

娘のやさしさ

そんな自分のかつら時代を思い出しながら、主人と小学3年生の娘と一緒にその番組を見ていました。

娘と同じ年頃の女の子も長い髪をショートにして寄付しているシーンを見て、娘が「私の髪の毛もかつらにしてあげたら喜ばれるかな。」と。

娘は今ロングヘアがマイブームで、いっぱいいっぱい伸ばすねん!と頑張っているところです。

本人は腰を目標にしていましたが今は肩をすぎたくらいです。

私がかつらだった話をして、○○ちゃん(娘)の髪の毛はすごくきれいだから、さらさらのきれいなかつらをプレゼントしてもらった病気のお友達はきっとすごくうれしいと思うよ。と話すと、じゃあ、30センチ切れるようになったら寄付する!と。

それから毎朝鏡の前で髪の毛をとかしながら、寄付の話をしている娘をほほえましく見ています。

ヘアドネーションという体験は初めてのことなので、本当に実現できるのかちょっとドキドキしていますが、無事ヘアドネーションを終えて、娘の髪の毛が誰かを幸せにしてくれると嬉しいなと思っています。

プロテインでダイエットって本当に効果あるの?

ダイエットブームでも来てるのか、それとも細い体は皆の憧れなのか、今までダイエットを気にしていなかった友人が、一つのダイエット法に興味を示してました。

その方法が、プロテインダイエットだそうです。

プロテインって体に筋肉をつけるための物ですから、脂肪と筋肉の差はあれど肉を落とすダイエットとは対極にあるのでは?

と思って、友人のタブレットで色々情報を見せてもらいました

プロテインダイエットって何?

低カロリー高タンパクのプロテインを飲んで脂肪分を減らし、カロリーを消費しやすい筋肉をつけることで更に消費カロリーを増やすダイエット法、だそうです。

よくある食事を置き換えるダイエットの一つですね。

こういったダイエット法は運動不要、というのが多いですが、これは筋肉をつけるために運動必須のようです。

プロテインダイエットのメリットは、脂肪を落とすことと体を引き締めることが同時にできる事だとか。
そこまで筋肉はつかないので、筋肉でゴツゴツした体にはならないとも書いてありました。

疑問に思ったこと

とりあえず概要だけ読んで思った感想が「なんか胡散臭い」でした。

実は筋肉とか筋トレについて調べたことが有ったんですが、確かにその時筋肉がつくとカロリーを消費し易い、とは見たおぼえがあります。

でもそれって確か、1kgで飴玉1つとかそれぐらいの量で、総消費カロリー的にはほぼ誤差程度の影響しか無かった、みたいな研究結果が出てた気がするんですよね。

改めて調べ直した太ってる人向けの筋トレ指南でも、まずは体脂肪を落としてから筋肉をつけないと、両方中途半端で終わると書いてありましたし。

でもやってること自体はカロリーを抑えて運動する、というダイエットとしては当たり前の方法。

カロリーを抑えながらもタンパク質を取るのは重要と書いてあったので、プロテインはそこまで悪くないのかもしれません。

結論

実態的には必要な栄養素は確保しつつカロリーを抑え、運動量を増やすという正攻法とも言えそうなダイエットなので、最終的に信用はできる気がしました。

でも同じ体積の場合脂肪より筋肉のほうが1.2倍ほど重いので、体重はそこまで落ちないんじゃないかなと思わなくもないです。

まあ見た目がすっきりしてるなら実際の体重はそれ程気にしなくて良い気もしますし、実際の数値より見た目を気にする人向けですかね。